「千歳のフジ」の藤棚が見事な拝島公園

千歳のフジ 観光

拝島公園は昭島市拝島町にある公園で、フジ(藤)の名所として知られています。

神社(日吉神社)とお寺(拝島大師)に隣接した閑静な環境にあります。

拝島公園は、「都民の日」制定30周年を記念して東京都が選定した「新東京百景」にも選ばれています。

千歳のフジ

拝島公園には、高さ2.4メートル、広さ310平方メートル、樹齢800年の「千歳のフジ」と呼ばれる藤棚があり、毎年4月中旬から5月上旬に見頃を迎えます。

昭島市のホームページに開花状況が掲載されていますので、藤棚を観に行かれる方は参考にするとよいでしょう。

なお、フジの花の見ごろには、隣接する日吉神社でフジの花をあしらった御朱印がいただけます。

拝島のフジについては、YouTubeの昭島市動画チャンネルでも紹介されています。

あきしまDays Vol.3 拝島のフジ

おねいの井戸

おねいの井戸

おねいの井戸

宮沢の諏訪神社や拝島の龍津寺下の湧き水にみられるように、昭島は昔からきれいな水に恵まれていました。拝島公園にも「おねいの井戸」と呼ばれる井戸があり、昭島市の文化財に指定されています。

室町時代の末期、滝山城主北条氏照の重臣に石川土佐守という侍がいました。その娘である「おねい」は7歳のとき眼病を患い、失明してしまいました。「おねい」は大日堂の崖下から湧き出る井戸水で日夜眼を洗ったところ、左目が見えるようになったと言われています。こんなことから、この井戸を「おねいの井戸」と呼ぶようになったそうです。

コメント